0587-56-5570

〒483-8245 愛知県江南市五明町大膳7番

自動電話予約
インターネット予約

江南市五明町の内科・小児科・消化器科。人間ドックや経鼻内視鏡にも対応しています。

学校医講演記録

携帯電話専用サイトはこちらのQRコードよりご覧いただけます。

HOME»  学校医講演記録»  学校医講演記録»  生命のお話

生命のお話

生命のお話

第2回学校保健委員会

11月24日(木)門弟山小体育館にて第2回学校保健委員会を開きました。毎年、学校医であるyouクリニック院長田中先生をお迎えし、6年生の子どもたちに健康についてのお話をしていただいています。
今回は「生命のお話」をしていただきました。児童は、メモを取りながら一生懸命に聴くことができました。お話の一端をまとめましたので、ご家族でお読みになって、参考にしていただきたいと思います。


田中先生のお話

1.命は大切

  • 人は生まれた時から死に向かっている、命は限りあるものだから大切。
  • この世の中で、いちばん悲しくてつらいことは、肉親の死、特に年下の肉親の死はなかなか乗り越えられない。ほかのつらいこと、勉強のことや失恋のことだったら、やり直しがきくけど、死んでしまったら、どうしようもない。
公演会

2.死の判定

①心臓が止まる ②呼吸が止まる ③脳死の3つで、死の判定をする。
脳死だけの状態なら、他の人へ臓器を移植することができる。
近年、臓器移植が可能となり「脳死」の定義が問題になっている。

3.命のはじまり

150億年前に「宇宙」ができ、46億年前に地球ができた。
その時地球上には、酸素・炭素・チッ素・水素しか存在していなかったが、これらが雷や紫外線によってくっついたり、離れたりを繰り返しているうちに、偶然1つの細胞(細菌)が生まれた。
この細胞がコピーを繰り返す中で、突然変異(コピーミス)が起こり、多細胞ができた。その突然変異が長年繰り返され、生物が進化して人間が誕生した。

細胞

4.人間の細胞の数はどのくらい?

受精卵は1個の細胞からはじまり、生まれた時は3兆個、そして大人になると60兆個になる。赤ちゃんや子どもは細胞がさかんに増えている。

5.放射能がこわいと問題になっているのは、なぜ?

1つ1つの細胞の中には、遺伝子がある。その遺伝子がなんらかの原因で傷つき、その傷が大きいとガンなどの病気になる。だれでも普通に生活しても、遺伝子が傷つき、わずかのがん細胞も毎日できている。
でも、すべての人ががんにならないのは、免疫力があり、その傷を修復する(なおす)ことができる。しかし、免疫にも限界があるので、病気にかかってしまう。
放射能は、遺伝子を傷つけることがわかっている。そして、赤ちゃんや子どもはさかんに細胞が増える時なので、この時期に放射能を浴びて遺伝子に傷がつくと、傷ついた遺伝子をもつ細胞がものすごく増え、将来病気になりやすくなると考えられている。
だから、放射能汚染はこわいと言われ、なるべくそれを防ぐために問題となっている。

6.命を大切に生きるためにできること(死を宣告された人たちの話から)

①一日一日をていねいに生きる
②他への愛情といたわりをもつ
③自然を大切にする

7.思春期について

8才~18才くらいに、男は男性ホルモンのテストステロン、女は女性ホルモンのエストロゲンが急増する。このホルモンの作用で、次のようなことが起こる。

どうしたらいいか

<思春期の特長>
※だれにでも起こること!!

  • イライラしやすい
  • 悩みが増える
  • (体の変化・にきびが増える)
  • 自意識過剰になる
  • (自分が人からどう見られているのかとても気になる)
  • 異性にひかれる
  • 親の言うことに反抗する傾向がある
親はこういう時期だということを見守りたい。イライラ

参加した6年児童の感想

  • 人間はたくさんの時間や年月をかけてできたことを知りました。
  • 最近ささいなことでイライラしてしまっていたので、その対処法が
    見つかったという感じでよかったです。
  • 自分が生きていることがすごいことだという気持ちを大切にして、1日1日を大切に生きたいです。
  • 命の大切さと死の悲しみがよくわかりました。また、どのように生活すればよいかもわかりました。
  • 命の長さは努力次第で変えられることがわかってよかったです。
  • 地球上で最初の細胞が細菌だということにおどろきました。
  • 命はやり直しがきかないものだから。大切にしないといけないと思いました。
  • 難しい言葉が多かったけど、わかりやすい説明で、頭に入って理解できました。

笑顔 参加された保護者の方からも
「毎年楽しみにしています」
「特に、思春期の話などためになりました」
という感想をいただきました。
ありがとうございました。

2013-07-09 21:12:59

学校医講演記録

 
PAGE TOP